介護業界で人気の請求ソフトとは

subpage01

介護施設を運営する中で大切な事の1つに、施設運営にかかる書類をきちんと整備するという事です。

YOMIURI ONLINE情報を豊富に提供しています。

介護保険制度では、利用者の負担は所得に応じて1割から2割に設定されています。保険料の未納があった場合は、3割になる場合もありますが残りの9割から8割のほとんどは社会保険料からまかなわれています。
ですので、公的な意味合いも強く、指定管理者制度をとっており実地指導と呼ばれる監査が定期的に入ります。
ですので、しっかりと施設運営が出来ているかの確認には書類の整備を欠かせません。



ケアスタッフとしては、日々の介護記録やバイタルチェック、ケアプランをきちんと出来ているのかなどです。
これらは、日々の記録をきちんと残し忘れないように心がける事が大切です。



そして、事務スタッフとして大切なのがレセプトのデータをきちんと整備する事です。
介護保険の請求に当たっては様々な難しい作業があります。

利用する施設の種類や加算内容、食費やおむつなどの消耗品など様々な計算をする必要があります。
煩雑な作業を間違いなく行う為に多くの施設が取り入れているのが、請求ソフトです。
請求ソフトでは、レセプトだけでなく請求書や領収書を発行する事が出来る物もあります。


利用者のデータや家族の上方などを記録出来る物もあります。

大切な情報をしっかりと共有する事が出来るようにする事で、連絡のミスなどのトラブルを防ぐ事が出来ます。


便利な請求ソフトを利用して円滑な介護施設運営が出来るようにしましょう。